2020.03.06更新

鼠経ヘルニアは鼠径部の筋膜が破れ、腸などの内臓が飛び出す病気のことで、別名では脱腸とも呼ばれています。成人の場合は、加齢による筋膜のゆるみが主な原因として多いですが、子供の場合は、胎生期から腹壁筋膜の抵抗の弱い部分があることで発生します。

 

現在ご自分のお子さんに気になることがあるため、このようなご質問をされていると思いますが、慌てないで頂きたいのは、子供の鼠経ヘルニアは20人に1人がなるといわれるほど多い病気ということです。
おむつ交換などでよく見てあげてください。足の付け根に膨らみがあるときは、鼠経ヘルニアの可能性があります。

 

もし気になることがあったら、診察、検査にお越しください。
鼠経ヘルニアと診断された場合は乳児でも手術が可能ですが、当院では日帰り手術のため2歳以上を日帰り手術の適応としています。

 

成人の場合は体内に医療用のメッシュを入れる手術になりますが、子供の場合はこれから体が成長していくため、メッシュなどの異物を一切使用しない手術を行います。

 

手術の傷は10~15mm程度でほとんど目立たず、筋膜の縫合には時間の経過とともに溶ける糸を使用します。入院の必要もありません。翌日からシャワー浴、翌々日から入浴が可能です。体内に異物が残ることもありませんし、傷も成長とともにほとんど消失してしまいますので、ご安心ください。

 

日帰り手術では一緒に保護者が泊まり込む煩わしさもありません。もしお子さんで気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

投稿者: おだクリニック日帰り手術外科

2020.03.06更新

小さなお子様を育児中のお母さんのご質問です。
鼠経ヘルニアの症状(右鼠径部に膨らみがあり押すと痛い)があるため、手術が必要と判断されましたが、育児中のため手術後の入院と服薬について心配されています。

 

成人の鼠経ヘルニアの手術は、これまでは破れた筋膜の穴を縫い合わせてふさぐ手術が行われてきましたが、手術後につっぱって痛みが起きたり、筋膜が裂けて再発する可能性がありました。
当院では、そういった手術ではなく、安全な医療用のメッシュを筋膜の穴の下に広げて補強する「クーゲル法」という手術方式を採用しています。これにより、手術後の痛みや再発リスクが大きく減少して、患者様に負担の少ない手術となっています。

 

手術は日帰りで行うことができます。手術時間はおよそ20分程度で全身麻酔をして寝ている間に手術は終わりますのでご安心ください。
その日のうちに帰宅して頂いて、翌日からシャワー浴、翌々日から入浴も可能となりますので、小さなお子様の世話で入院できないお母さんでも安心して手術可能です。
後日、抜歯や消毒をする必要もなく、傷口もほとんど目立つことはありません。
薬の服薬は最小限で数日間だけ抗生剤と鎮痛剤を処方しています。

 

当院では可能な限り患者様に身体的、精神的、経済的に負担がかからないように配慮して手術を進めております。少しでも気になることがありましたら、お気軽にお電話でお問い合わせください。

 

投稿者: おだクリニック日帰り手術外科

  • まずはご相談を
  • 日帰り手術とはどんなもの?
  • 日帰り手術の流れについて
  • 日帰り手術のよくある質問
  • アクセス情報
  • 診療カレンダー
  • 手掌多汗症 日帰り手術専門サイト
  • 下肢静脈瘤 日帰り手術専門サイト
  • 院長ブログ