2019.07.02更新

今回は手汗が発生する原因の一つとして考えられている甲状腺機能亢進症について紹介したいと思います。

 

甲状腺とは
甲状腺はのどぼとけの下にあり、脳からの指示で新陳代謝を活発にする「甲状腺ホルモン」を分泌するのが主な役割です。甲状腺ホルモンの主な働きとして、脳に作用して働きを活性化する、新陳代謝で得られたエネルギーで体温を調節する、心臓や胃腸の働きを活性化する、全身の細胞の新陳代謝を促進しエネルギーを作るなどの仕事をしています。
生きていく上で欠かせないものです。

 

甲状腺機能亢進症とは
甲状腺機能亢進症とは甲状腺ホルモンが過剰に分泌され、その働きが通常よりも強く出てしまう病気です。主に感じられる症状としては、脈が速くなったり、手が震えたり、汗をかきやすくなったり、イライラしたり、動悸を感じたりなどが起こります。「バセドウ病」という名前で呼ばれることが一般的ですが、自己免疫機序により発症するバセドウ病以外にも無痛性甲状腺炎、亜急性甲状腺炎、機能性甲状腺炎などで甲状腺機能亢進症を呈します。

以下の項目をチェックして目安として半分以上当てはまる方は注意してみてください。
①最近は寒い日でも汗をかく
②昔より暑がりになった
③脈が速く、動悸を感じることがよくある
④些細なことでイライラして、怒りっぽくなった
⑤疲れやすくなったと感じる
⑥少し動いただけでも息切れを感じる
⑦常に空腹を感じている
⑧以前よりも排便回数が増えた気がする
⑨体重が減ってきている
⑩気持ちが落ち着かない
⑪以前よりも眼が前に出た感じがする
⑫手が細かく震えて字が書きにくい
⑬いつも手のひらが湿っている感じがする

 

甲状腺機能亢進症になる原因は?
原因は特殊なたんぱく質が甲状腺を刺激することで、通常よりも甲状腺ホルモンを過剰に分泌してしまい、血液中の甲状腺ホルモン値が高くなってしまうためです。この特殊なたんぱく質が発生する原因は未だはっきりと解明されていません。


手汗が発生する原因は様々なものが考えられますので、まずはお気軽にご相談ください。

投稿者: おだクリニック日帰り手術外科

2019.06.29更新

 当院は九州,福岡県福岡市にあります.玄界灘を臨む福岡市は新鮮な海の幸と辛子明太子やとんこつラーメンなど豊富な食材と美味しい料理が揃う地です.近年は東アジアの玄関口として国際交流も盛んになりました.当院は日帰り手術に専門特化した6床の有床診療所として2007年10月に福岡市に開院しました.日帰り手術は1970年代に米国で始まり,日本では1990年代後半から少しずつ普及しています.当院が開業した時期には日帰り手術センターを併設する病院や日帰り手術専門診療所が全国に10か所ほどありました.日帰り手術は外来で行う簡単な手術ではなく,鼠径ヘルニア,胆石症,下肢静脈瘤など,数日間から1週間ほど入院を要していた比較的大きな外科手術を日帰りで行うことを意味します.日帰り手術による患者のメリットは,入院の煩わしさがない,入院中の仕事や家族の世話などを心配しないで済む,入院費用がない分だけ支払いが少ないなど,数え上げたら限がありません.病院のメリットは,入院ベッドを有効に活用でき,患者が口コミなどで多く集まることです.さらに保険者のメリットは,入院医療費の削減効果です.「三方一両損」という大岡越前守の名裁きがありますが,日帰り手術は患者,病院,保険者にメリットを生む「三方一両得」です.価値(value)=質(quality)÷価格(cost)という経済理論に基づき,当院では入院手術と同等の高い質の医療を入院費用のない低価格で提供し日帰り手術の価値を高めることを目標にしています.
 2007年10月から2019年5月までに施行した日帰り手術は20781例で,内訳は下肢静脈瘤6677例,手掌多汗症5161例,痔疾患5130例,鼠径ヘルニア3398例,胆嚢結石症309例,その他106例でした.木曜日を除く平日と毎週土・隔週日曜日も診療し,原則として午前中に6例の日帰り手術を行っています.夕方までに退院し,遠方からの来院患者は近くのホテルに滞在します.下肢静脈瘤の血管内レーザー焼灼術を九州で最も早くから導入し,2011年にレーザー手術が保険収載され症例数が急増しました.痔疾患は特に若い女性に他人に知られず手術が受けられると好評です.手掌多汗症は胸腔鏡下交感神経遮断術を専門に行う医療機関が少ないため全国から患者が来院します.鼠径ヘルニアのKugel手術は本邦で最も多い症例数を誇ります.胆嚢結石症の日帰り手術は炎症が軽度で健康な症例に限定しています.
 2017年4月に福岡で多汗症を主テーマとする第12回国際交感神経外科シンポジウム(The 12th International Symposium on Sympathetic Surgery)を開催しました.学会活動や論文執筆などにも力を注ぎ,日進月歩の外科治療を幅広く修得し,日帰り手術の普及と発展に努力する所存です.

投稿者: おだクリニック日帰り手術外科

2018.09.30更新

今回は深部静脈血栓症について紹介したいと思います。この病気はエコノミークラス症候群という名前でも知られています。どのような病気でどのような関係があるのかをみていきます。

 

深部静脈血栓症とは

足の深部静脈に血の塊(血栓)ができて詰まってしまう病気のことです。
血栓が足から心臓や肺に流れ込んでしまうと、肺動脈に血栓が詰まって肺血栓塞栓症を起こし、呼吸困難やショック状態になるなど命に関わる事態につながるものです。

 

症状は?

深部静脈に血栓が詰まると足から心臓に向かう血液の流れが悪くなり、足にむくみが現れます。歩くときに痛みを感じることもあります。血栓が肺の血管をつめると呼吸困難からショック状態になります。

 

原因は?

深部静脈血栓症の原因には以下の要素が関わっています。

 

・静脈の内壁の損傷
静脈は、手術・怪我・注射・炎症などのきっかけで傷つくことがあります。その場所で血栓が形成されやすくなります。

 

・血液が固まりやすい状態
血液が凝固してしまう特定の病気や一部の薬の副作用、喫煙、脱水症状などが原因となり、血液が固まりやすい状態にあると発症しやすくなります。ホルモン薬(ピルなど)は血液が固まりやすくなり、要注意です。

 

・血流の速さの低下
寝たきりの方や何かしらの理由で足が動かせない方など、ふくらはぎの筋肉を使用できない場合には、血流が遅くなります。飛行機や車で長時間同じ姿勢で座っていると足の血液の流れが悪くなり、深部静脈血栓症の原因となります。

 

下肢静脈瘤との関係は?

下肢静脈瘤があればすぐに深部静脈血栓症を発症するような明確な相関関係があるというわけではありません。しかし下肢静脈瘤は深部静脈血栓症の危険因子のひとつです。下肢静脈瘤は自然には治癒しませんので、気になる方はまずは専門医の受診をお勧めします。

投稿者: おだクリニック日帰り手術外科

2018.09.24更新

今回は軽度の下肢静脈瘤の場合に、症状の進行を遅らせる運動療法について紹介したいと思います。あくまでも進行を遅らせるもので下肢静脈瘤を治すものではありませんが、知っておくと参考になるかと思います。

 

■下肢静脈瘤と運動の関係

下肢静脈瘤は足の血管(静脈)の病気です。本来の足の静脈の役割は心臓から足に送られて使い終わった汚れた血液を心臓に戻すことです。しかし、静脈の途中にある逆流を防ぐ弁が壊れてしまうことで戻れない血液が溜まり膨れてしまうことで発症します。ふくらはぎの筋肉は第2の心臓と呼ばれています。ふくらはぎの筋肉が収縮することで、足の静脈の血液を送り出すポンプの役割があります。
したがって適度な運動が大事です。

 

■軽症とはどのような症状

一般的にどのような状態を軽症と言うかというと、以下のような網目状静脈瘤やクモの巣状静脈瘤が主なものと考えられます。

 

 

■どのような運動が効果的か

下肢静脈瘤の進行を遅らせるのにどのような運動が効果的かについてです。
主にふくらはぎの筋肉を使うイメージで運動をされるとよろしいかと思います。

 

・毎日20分〜30分程度の早歩き
大きく腕を振って歩くようにしましょう。

 

・休憩時には足を少し高くする
椅子に足をのせて休むなど、静脈の血液が溜まらないようにするイメージです。

 

・長時間、同じ姿勢で立ち続けないように足踏みをしたり爪先立ちをする
長時間の立ち仕事などは下肢静脈瘤にはとても良くありません。定期的に休憩を取ることが必要です。また仕事中も足踏みをしたり爪先立ちをして足の筋肉を動かすことを意識してください。

 

・足を小刻みに揺らす(貧乏ゆすり)
足の筋肉を少しでも動かすために、ジッと座っているよりも小刻みに足を動かした方が効果的です。

 

■きちんと治すためには

上記で紹介した方法は、冒頭でも述べた通り進行を遅らせるための方法です。
きちんと完治させるためには、手術などの治療が必要になりますので、早めにご相談ください。

 

投稿者: おだクリニック日帰り手術外科

2018.09.03更新

今回は胆嚢炎について紹介したいと思います。胆嚢炎がどんな病気か、なぜ発症するのか、どんな症状が出るのか、など基本的なことをご説明したいと思います。

 

■胆嚢炎とは

胆嚢炎は言葉の通り胆嚢に炎症が起きる病気です。
胆嚢から出る胆汁を運ぶための胆嚢管に結石が詰まることによって、胆嚢内に胆汁が溜まってしまいます。これに細菌感染が加わって炎症がおきます。
胆嚢炎は「急性胆嚢炎」と「慢性胆嚢炎」の2種類に大別されます。

 

■急性胆嚢炎

急性胆嚢炎は突然発症します。一般的には6時間以上の継続した腹痛(右上腹部)や発熱、悪心、嘔吐などの症状があらわれます。場合によっては12時間以上痛みが継続することもあります。痛みは右肩甲骨の下部や背中に広がっていくことがあります。急性胆嚢炎になるほとんどの人に胆石の存在が確認できます。

稀にですが、胆石がない状態で急性胆嚢炎を発症する場合があります。これを無石胆嚢炎といいます。これは、長期の絶食、胆管閉塞、糖尿病、動脈硬化症、膠原病、肝動脈塞栓術(TAE)後の胆嚢虚血などが原因となって発症するものです。炎症は重度である場合が多く、非常に容態が悪い患者さんに起こる傾向があることが報告されています。早期の治療が必要になります。
また、ウイルス感染などが原因となり幼児が発症する場合も稀にあるといわれています。

 

■慢性胆嚢炎

慢性胆嚢炎は、長期間にわたって胆嚢の炎症が継続する病気です。過去に急性胆嚢炎を発症した方や胆石を保有している人がなります。胆石が周期的に胆嚢管を塞ぐので、繰り返し痛みが発生します。右季肋部痛、上腹部不快感、鈍痛、腹部膨満感など、いずれも軽度で、圧痛も軽度です。痛みは長引くことはありませんが、治療しないと繰り返します。

 

■予防方法

胆嚢炎を予防するには、胆石を予防することが重要といえます。
胆石は乱れた生活習慣(脂肪の取りすぎ・アルコールの飲みすぎ・過剰なストレス・睡眠不足・運動不足)が原因となっていることが多いですので、日々の生活を見直すことが一番すぐに始められて効果が高い予防方法だと思います。

投稿者: おだクリニック日帰り手術外科

2018.08.28更新

今回は胆石の種類についてご紹介したいと思います。胆石や成分によっていくつかの種類に分かれ、形状や色が異なってきます。参考にされてください。

 

胆石の種類

<コレステロール胆石>
1)総コレステロール石
成分は100%がコレステロールでできています。白〜淡黄色をしていて、胆嚢内に1個できることが多い胆石です。

 

2)混成石
コレステロールとビリルビンが混ざり合った胆石です。

 

3)混合石
100%ではないですが、ほぼコレステロールでできた胆石です。淡褐色〜褐色の色をしています。

 

<色素胆石>
1)黒色石
ビリルビン、カルシウム、リン酸、炭酸などが成分となる胆石です。暗褐色〜黒色をしているのが特徴です。砂状、金平糖状、時に球形、十数個存在することが多いです。

 

2)ビリルビンカルシウム石
ビリルビンや脂肪酸が主成分となる胆石です。銅やマンガンなどとも結合しています。褐色〜暗褐色をしています。


<まれな胆石>
1)炭酸カルシウム石
主に炭酸カルシウムを成分とした胆石です。白色〜淡褐色をしています。

 

2)脂肪酸カルシウム石
パルミチン酸が主成分の胆石です。白色〜淡褐色をしています。

 

3)他の混合石
コレステロール及び無機成分を主な成分になります。

 

4)その他の胆石
上記に属さないものになります。

 

これらの胆石の種類によって、できる原因が異なるものがあります。
コレステロール結石は名前の通り、コレステロールが原因となる結石です。高エネルギー、高コレステロールの食事を続けていると、胆汁の中のコレステロールの量が増加し、溶け残ったコレステロールが結晶化して石になります。

 

また、逆に日々の食事の栄養価が低すぎても胆石ができます。
低栄養や低タンパク質の状態が続くとビリルビンがカルシウムと結合しやすい物質へと化学変化を起こし「ビリルビンカルシウム」という結晶を作ります。

 

できるだけ偏りのない食生活を送ることが胆石予防の第一歩かと考えます。

投稿者: おだクリニック日帰り手術外科

2018.08.05更新

胆汁の成分が胆嚢や胆管で固まってしまう胆石症ですが、妊娠中の方が比較的なりやすいというデータがあります。なぜなのでしょうか?原因や症状などについて紹介したいと思います。

 

●妊娠中に胆石症は発症しやすい?

妊娠中は胆石症になりやすいと一般的には言われています。
その原因の一つが蠕動運動(ぜんどううんどう)にあるとされています。蠕動運動とは、筋肉が伝播性の収縮波を生み出す運動のことです。蠕動運動が活発にされていれば、内臓内の物質が正常に流れますが、妊娠中は胆嚢の蠕動運動が減る傾向があり、胆汁が胆嚢に残留することがあります。これにより胆汁が泥状になる胆泥が発生し、胆石に変化していきます。
また、妊娠中はコレステロール値が増加する傾向があることも理由として考えられます。
胆石はいくつかの種類がありますが、最も多い胆石はコレステロール結石と言われるものです。胆汁の中のコレストレールの量が多くなると、コレステロールが結晶化して胆石の元になってしまうためです。

 

●妊娠中に胆石症が発症した場合の症状は?

胆石症だけでは症状がない場合が多いです。
しかしながら、数時間で発症する胆嚢の炎症である急性胆嚢炎を併発した場合は、右上腹部からみぞおちにかけての継続的な痛みが起きたり、発熱や黄疸、嘔吐が生じる場合もあります。

 

●特に胆石症になりやすい方は?

妊婦さんの中でも特に多産婦の方、年齢が高い方、肥満の方はなりやすい傾向があります。
胆石症になってしまった場合は、基本的には安静な生活をしてもらい、場合によってはお薬での処置になることが多いと思います。しかしながら、胆石が胆嚢を閉塞させたり感染症を起こしている場合は、妊娠中でも手術が必要になる場合があります。
基本的には母体にも胎児にも安全な手術ですが、激しい痛みや黄疸など、急性胆嚢炎や胆管結石の場合を除いて、出産後に手術を行うのが一般的です。


心配なことがある方はお気軽にクリニックにご相談ください。

投稿者: おだクリニック日帰り手術外科

2018.07.21更新

今回は胆石症の再発について紹介したいと思います。治療方法によって再発の可能性は異なります。
また、できるだけ再発しないようにするために気をつける点などをご説明します。

 

胆石症の治療方法の種類

胆石症の治療方法は、大きく内科的治療と外科的治療に分かれます。

 

■主な内科的治療
(1)胆石溶解療法
胆石溶解剤という薬を使用してコレステロール結石を溶解する方法です。手術をしないで済むため身体への大きな負担や入院の必要がありません。
反面、治療期間は半年〜数年かかる場合があること、胆石が完全に消滅しない場合もあり、再発リスクがあるとされています。
再発は1年で17%、3年で40%もあるという報告があります。

 

(2)体外衝撃波(ESWL)
体外衝撃波結石破砕術とは体の外から衝撃波をあてて、結石を粉々に砕き体の外へ流し出す治療方法です。1回の治療で結石がなくなる場合もありますが、複数回の治療が必要になる場合があります。
体に傷がつかず、治療期間も短く済みます。胆石が完全になくなる確率はおよそ50%程度と言われており、再発率は1年で20%、5年で40%程度といわれています。


■外科的治療
(1)開腹胆のう摘出術
お腹を開けて手術をする開腹手術です。

 

(2)腹腔鏡下胆のう摘出術
従来の開腹手術に比べ、身体への負担は軽く、手術創が小さい分術後も早期回復が見込めます。
切開する範囲も小さくなります。胆石をつくる胆のうを摘出しますので根本的な治療です。胆のう結石の再発はありませんが、ごく稀に残った胆管に石が再発することがあります。

 

胆石症の再発の原因や予防方法は?

胆石症の再発を予防する方法として最善なことは生活習慣を見直すことです。
以下のような点に注意してみましょう。

 

・脂肪の多い食品の摂りすぎ(肥満)
・大量のアルコールの摂取
・過剰なストレス
・乱れた生活リズム
・日常的な運動不足

 

特に食事に関しては、脂質に気をつけるだけではなく、食事の時間が不規則にならないよう気をつけましょう。食事の間隔が大きくあくと、胆のう内の胆汁の濃度が濃くなります。過度に胆汁が濃縮されるとコレステロールの溶解が不十分になり胆石ができる原因になる場合があります。
ダイエットなどを意識されている方は注意をされてください。

投稿者: おだクリニック日帰り手術外科

2018.07.03更新

当院で手術を行っている胆石症は、放置するとまれに胆嚢がんが発生することがあります。
胆石は体に保有していても半分以上は無症状と言われていますので注意が必要です。今回はこの胆石症と胆嚢がんの関係について紹介したいと思います。

 

■胆嚢とは?

まず胆嚢についてですが、肝臓と十二指腸をつなぐ胆管の途中にある袋の形状をした臓器です。肝臓から分泌された胆汁が貯まり、食後に十二指腸に胆汁を流し消化をする役割を担っています。

 

■胆嚢がんとは?

胆嚢がんは袋状の胆嚢及び胆嚢管に発生する悪性腫瘍のことです。比較的女性が発症しやすく加齢と共に発症率は高くなっていく癌です。
初期の頃は症状はほぼありません。進行していても、胆嚢がん特有の症状はなく、以下のような症状が見られることが多くあります。

 

・腹痛
主に上腹部に痛みが現れます。

・黄疸
皮膚や白目が黄色くなったり、尿の色が濃く茶色っぽくなります。

・腹部腫瘍
右上腹部にしこりが発生することがあります。

 

他の主な癌に比べると発生率は高くはないものの、死亡原因では6位にあげられている病気です。上記のような症状が出た場合には早期に検査をおすすめします。

 

■胆石症との関係

胆石症において胆嚢がんの発生率は1%以下とまれではありますが、胆石症と胆嚢がんには因果関係があります。これは慢性炎症や胆汁成分の変化が原因と考えられています。
この発生率は加齢とともに増加し、高齢者では胆石症患者の数%が胆嚢がんになる可能性があるとも言われています。
ただの胆石と軽く見ずに早期発見、早期治療の心がけが必要かと思います。

 

■他の合併症は?

胆石症の合併症として、膵炎もあげられます。膵炎は膵臓が作り出した消化酵素が何らかの理由で膵臓自体を消化してしまう病気です。急性膵炎の約5割、慢性膵炎の約2割は胆石症が原因です。


胆嚢がんはご紹介した通り症状が出にくく早期発見が難しい癌の一つです。定期的に人間ドックや健康診断をして健康状態をチェックしましょう。また、胆石症や胆嚢ポリープの疑いがある方は早期に治療をすることをおすすめしますので、お気軽にお問い合わせください。

投稿者: おだクリニック日帰り手術外科

2018.06.25更新

今回は子供の胆石について紹介したいと思います。
小児の胆石症は患者数も多くなく、とても稀な病気と考えられてきましたが、食生活の欧米化や、超音波検査の普及に伴い増加傾向にある病気です。
何が原因になっていて、どのように症状が出るのでしょうか?

 

■子供の胆石の原因

原因としては、以下のものが考えられています。

・溶血性貧血
細菌感染やアレルギーなどの原因により、赤血球が破壊されることによって貧血を来たす疾患です。
貧血になると、顔色不良、むくみ、めまい、息切れ、食欲不振、動悸、微熱などの症状がみられるようになります。
また、赤血球の破壊で溶血の状態が続くとお腹が張ったような症状が出ることもあります。

・遺伝性球状赤血球症
先天性の溶血性貧血です。赤血球膜の遺伝的異常により赤血球が破壊され、貧血を来たす疾患です。

・総胆管拡張症
胆汁(たんじゅう)の十二指腸への通り道となる総胆管が、全体的あるいは部分的に袋状またはびん状に拡張する病気です。肝臓内の胆管に拡張がみられることもあります。

・胆嚢炎
胆嚢に細菌が増えて炎症が起こる病気です。

・高カロリー輸液施行
高カロリーの輸液を長期に行うことで胆汁の流れが悪くなる状態です。

また、子供の胆石症は原因がわからない場合も珍しくありません。

 

■症状

症状としては腹痛、嘔吐、黄疸、発熱などが現れることが一般的です。

 

■治療方法

内科的治療と外科的治療に大別されます。
結石が小さい場合は、内科的治療が選択される場合があり、主に食事療法、鎮痛剤、利胆剤、胆石溶解剤などが用いられます。
外科的治療としては、一般的には胆嚢摘出術での治療になります。お腹を開けて胆嚢を切除する場合と、腹腔鏡下手術でお腹の中を観察しながら胆嚢を切除する方法があり、一般的には後者の方法が用いられます。

お子様の容態で気になることがある場合は、まずは診察を受けられてください。
きちんと検査をして体調不良の原因を見つけることが肝要かと思います。

投稿者: おだクリニック日帰り手術外科

前へ
  • まずはご相談を
  • 日帰り手術とはどんなもの?
  • 日帰り手術の流れについて
  • 日帰り手術のよくある質問
  • アクセス情報
  • 診療カレンダー
  • 手掌多汗症 日帰り手術専門サイト
  • 下肢静脈瘤 日帰り手術専門サイト
  • 院長ブログ