2021.11.20更新

成人鼠径ヘルニアの手術は原則としてメッシュを用います。

メッシュを用いる手術は二通りあり、
一つ目は従来からの方法で、筋膜の穴を上からメッシュで押さえつける方法です。
二つ目は当院の手術方法でもある筋膜の穴の下にメッシュを広げる方法です。

一つ目の方法だと、お腹に力を入れると腹圧は下から上にかかりますので、上から押さえつける方法だと隙間ができてそこからまた腸が飛び出してくる可能性があります。
それに比べ筋膜の下にメッシュを広げると、腹圧がかかっても筋膜とメッシュの間に隙間ができないので、こちらの方が再発が少ない方法といえます。

筋膜の下にメッシュを入れる方法は二通りあって、
一つは皮膚を切開して上からメッシュを入れるクーゲル法という方法です。
もう一つは腹腔鏡を使ってお腹の中からメッシュを入れる腹腔鏡手術です。
当院ではこの二つの方法で成人の鼠径ヘルニアの手術を行っています。

患者さんの年齢や病態に応じて適切な手術を選択しております。

投稿者: おだクリニック日帰り手術外科

  • まずはご相談を
  • 日帰り手術とはどんなもの?
  • 日帰り手術の流れについて
  • 日帰り手術のよくある質問
  • アクセス情報
  • 診療カレンダー
  • 手掌多汗症 日帰り手術専門サイト
  • 下肢静脈瘤 日帰り手術専門サイト
  • 院長ブログ