2021.07.12更新

下肢静脈瘤の治療法はまずは弾性ストッキングによる圧迫療法で、足を圧迫し静脈の逆流を防ぐ保存的治療です。

硬化療法は静脈に硬化剤を注入して静脈を固める方法で、細い静脈瘤や網目状、クモの巣静脈瘤に適しています。

手術療法では、一昔前は逆流する血管を足から引き抜くストリッピング手術でしたが、血管に細いレーザーファイバーを挿入してレーザーの熱で血管を閉塞させる血管内焼灼術が開発され、日本でも保険適応となって以来、下肢静脈瘤手術の主流となりました。

さらに最近、グルー接着剤を用いて血管を閉塞させる血管内塞栓術が保険適応となりました。 グルー手術はレーザー手術と違い、熱が加わらないので神経損傷がより少ない最も新しい手術方法です。

以上の治療法にはそれぞれの特徴がありますので、 下肢静脈瘤の症状が疑われたら、まずは専門医を受診することをお勧めします。

投稿者: おだクリニック日帰り手術外科

  • まずはご相談を
  • 日帰り手術とはどんなもの?
  • 日帰り手術の流れについて
  • 日帰り手術のよくある質問
  • アクセス情報
  • 診療カレンダー
  • 手掌多汗症 日帰り手術専門サイト
  • 下肢静脈瘤 日帰り手術専門サイト
  • 院長ブログ