2016.10.25更新

鼠径ヘルニア(脱腸)は、足の付け根から恥骨にかけての鼠径部(そけいぶ)の筋膜が破れ、腸などの内臓の一部が皮下に飛び出す病気をいいます。
この鼠径ヘルニアは成人だけではなく、小児もなる病気です。
小児の鼠径ヘルニアとはどのような病気で、どういった検査方法で見つかるのかについて説明したいと思います。

 

 

小児の鼠径ヘルニアの症状

オムツの交換などをしているタイミングなどで、赤ちゃんが泣いてお腹に力が入ると、足の付け根が膨らんでくることで鼠径ヘルニアに気づくことがあります。
最初の頃は膨らんでいる箇所を手で上手く押し込むことで飛び出ている内臓を戻すことができます。

しかしながら、その状態が長く続くとだんだん鼠径部が硬くなり、内臓が戻らなくなってきます(嵌頓=かんとん)。
こうなってくると飛び出た腸などの内臓の血流が悪くなり腹膜炎などを併発することもあるため、早期の治療が必要になります。

 

 

小児の鼠径ヘルニアの原因

成人の鼠径ヘルニアは生活習慣などが関わってきますが、小児の鼠径ヘルニアは先天性のものになります
男の子の場合は、出産の少し前、睾丸が陰嚢内に下降してきます。
その時に腹膜も一緒に引っ張られ下降し袋状になります。
通常の場合は、その後腹膜は自然に閉じるのですが、それがうまく閉じなかった場合に、そこに腸などの臓器が入ることで鼠径ヘルニアが発症します。
女の子の場合は、卵巣が飛び出てしまうこともあります。

 

 

小児の鼠径ヘルニアになる年齢は?

鼠径ヘルニアが発症する年齢というものはありません。
小児の場合は先に述べたように先天性のものになりますので、出生した時点で鼠径ヘルニアになる可能性を持っているということになります。
乳児健診で診断されることもあります。
2歳以下の場合はヘルニアの穴が自然に閉じて治ることもあります。
したがって治療に関しては、当院では2歳以上の場合には自然治癒の可能性が低いため手術で完治させることをおすすめしています。

 

 

小児の鼠径ヘルニアの検査方法

検査は院長による視診、触診、超音波検査になります。

 

 

鼠径ヘルニアは遺伝に関係があるか

小児の鼠径ヘルニアが遺伝と関係があるという明確な根拠はありませんが、一般的には親子で体質が似るために、鼠径ヘルニアの家族歴を認めることが多くあります。

 

投稿者: おだクリニック日帰り手術外科

  • まずはご相談を
  • 日帰り手術とはどんなもの?
  • 日帰り手術の流れについて
  • 日帰り手術のよくある質問
  • アクセス情報
  • 診療カレンダー
  • 手掌多汗症 日帰り手術専門サイト
  • 下肢静脈瘤 日帰り手術専門サイト
  • 院長ブログ