おだクリニック日帰り手術外科

胸腔鏡下交感神経遮断術の種類


交感神経節切除術 交感神経幹焼灼術 交感神経幹クリップ法


 交感神経節切除は確実な方法ですが,出血などの可能性があり,あまり普及していません.

 一般に行われている方法は,肋骨の上で交感神経幹を電気メス,レーザー,超音波凝固切開装置などで焼灼する方法です.

 前者2つの方法はいずれも不可逆的で,永久にもとの状態には戻りません.

 一方,クリップ法は神経をクリップではさんでブロックするだけですので可逆的です.代償性発汗に悩み手術を後悔した場合などには,数ヶ月以内にクリップを除去すればもとの状態に戻ることが期待されます(クリップ法でも不可逆的な神経のダメージが起こる可能もあり,海外でのクリップ除去による神経の回復率は65%程度です).


代償性発汗を考慮した当院の低位交感神経遮断術(低位ETS)について



ODA CLINIC, DAY SURGERY CENTER