2018.09.30更新

今回は深部静脈血栓症について紹介したいと思います。この病気はエコノミークラス症候群という名前でも知られています。どのような病気でどのような関係があるのかをみていきます。

 

深部静脈血栓症とは

足の深部静脈に血の塊(血栓)ができて詰まってしまう病気のことです。
血栓が足から心臓や肺に流れ込んでしまうと、肺動脈に血栓が詰まって肺血栓塞栓症を起こし、呼吸困難やショック状態になるなど命に関わる事態につながるものです。

 

症状は?

深部静脈に血栓が詰まると足から心臓に向かう血液の流れが悪くなり、足にむくみが現れます。歩くときに痛みを感じることもあります。血栓が肺の血管をつめると呼吸困難からショック状態になります。

 

原因は?

深部静脈血栓症の原因には以下の要素が関わっています。

 

・静脈の内壁の損傷
静脈は、手術・怪我・注射・炎症などのきっかけで傷つくことがあります。その場所で血栓が形成されやすくなります。

 

・血液が固まりやすい状態
血液が凝固してしまう特定の病気や一部の薬の副作用、喫煙、脱水症状などが原因となり、血液が固まりやすい状態にあると発症しやすくなります。ホルモン薬(ピルなど)は血液が固まりやすくなり、要注意です。

 

・血流の速さの低下
寝たきりの方や何かしらの理由で足が動かせない方など、ふくらはぎの筋肉を使用できない場合には、血流が遅くなります。飛行機や車で長時間同じ姿勢で座っていると足の血液の流れが悪くなり、深部静脈血栓症の原因となります。

 

下肢静脈瘤との関係は?

下肢静脈瘤があればすぐに深部静脈血栓症を発症するような明確な相関関係があるというわけではありません。しかし下肢静脈瘤は深部静脈血栓症の危険因子のひとつです。下肢静脈瘤は自然には治癒しませんので、気になる方はまずは専門医の受診をお勧めします。

投稿者: おだクリニック日帰り手術外科

2018.09.24更新

今回は軽度の下肢静脈瘤の場合に、症状の進行を遅らせる運動療法について紹介したいと思います。あくまでも進行を遅らせるもので下肢静脈瘤を治すものではありませんが、知っておくと参考になるかと思います。

 

■下肢静脈瘤と運動の関係

下肢静脈瘤は足の血管(静脈)の病気です。本来の足の静脈の役割は心臓から足に送られて使い終わった汚れた血液を心臓に戻すことです。しかし、静脈の途中にある逆流を防ぐ弁が壊れてしまうことで戻れない血液が溜まり膨れてしまうことで発症します。ふくらはぎの筋肉は第2の心臓と呼ばれています。ふくらはぎの筋肉が収縮することで、足の静脈の血液を送り出すポンプの役割があります。
したがって適度な運動が大事です。

 

■軽症とはどのような症状

一般的にどのような状態を軽症と言うかというと、以下のような網目状静脈瘤やクモの巣状静脈瘤が主なものと考えられます。

 

 

■どのような運動が効果的か

下肢静脈瘤の進行を遅らせるのにどのような運動が効果的かについてです。
主にふくらはぎの筋肉を使うイメージで運動をされるとよろしいかと思います。

 

・毎日20分〜30分程度の早歩き
大きく腕を振って歩くようにしましょう。

 

・休憩時には足を少し高くする
椅子に足をのせて休むなど、静脈の血液が溜まらないようにするイメージです。

 

・長時間、同じ姿勢で立ち続けないように足踏みをしたり爪先立ちをする
長時間の立ち仕事などは下肢静脈瘤にはとても良くありません。定期的に休憩を取ることが必要です。また仕事中も足踏みをしたり爪先立ちをして足の筋肉を動かすことを意識してください。

 

・足を小刻みに揺らす(貧乏ゆすり)
足の筋肉を少しでも動かすために、ジッと座っているよりも小刻みに足を動かした方が効果的です。

 

■きちんと治すためには

上記で紹介した方法は、冒頭でも述べた通り進行を遅らせるための方法です。
きちんと完治させるためには、手術などの治療が必要になりますので、早めにご相談ください。

 

投稿者: おだクリニック日帰り手術外科

2018.09.03更新

今回は胆嚢炎について紹介したいと思います。胆嚢炎がどんな病気か、なぜ発症するのか、どんな症状が出るのか、など基本的なことをご説明したいと思います。

 

■胆嚢炎とは

胆嚢炎は言葉の通り胆嚢に炎症が起きる病気です。
胆嚢から出る胆汁を運ぶための胆嚢管に結石が詰まることによって、胆嚢内に胆汁が溜まってしまいます。これに細菌感染が加わって炎症がおきます。
胆嚢炎は「急性胆嚢炎」と「慢性胆嚢炎」の2種類に大別されます。

 

■急性胆嚢炎

急性胆嚢炎は突然発症します。一般的には6時間以上の継続した腹痛(右上腹部)や発熱、悪心、嘔吐などの症状があらわれます。場合によっては12時間以上痛みが継続することもあります。痛みは右肩甲骨の下部や背中に広がっていくことがあります。急性胆嚢炎になるほとんどの人に胆石の存在が確認できます。

稀にですが、胆石がない状態で急性胆嚢炎を発症する場合があります。これを無石胆嚢炎といいます。これは、長期の絶食、胆管閉塞、糖尿病、動脈硬化症、膠原病、肝動脈塞栓術(TAE)後の胆嚢虚血などが原因となって発症するものです。炎症は重度である場合が多く、非常に容態が悪い患者さんに起こる傾向があることが報告されています。早期の治療が必要になります。
また、ウイルス感染などが原因となり幼児が発症する場合も稀にあるといわれています。

 

■慢性胆嚢炎

慢性胆嚢炎は、長期間にわたって胆嚢の炎症が継続する病気です。過去に急性胆嚢炎を発症した方や胆石を保有している人がなります。胆石が周期的に胆嚢管を塞ぐので、繰り返し痛みが発生します。右季肋部痛、上腹部不快感、鈍痛、腹部膨満感など、いずれも軽度で、圧痛も軽度です。痛みは長引くことはありませんが、治療しないと繰り返します。

 

■予防方法

胆嚢炎を予防するには、胆石を予防することが重要といえます。
胆石は乱れた生活習慣(脂肪の取りすぎ・アルコールの飲みすぎ・過剰なストレス・睡眠不足・運動不足)が原因となっていることが多いですので、日々の生活を見直すことが一番すぐに始められて効果が高い予防方法だと思います。

投稿者: おだクリニック日帰り手術外科

  • まずはご相談を
  • 日帰り手術とはどんなもの?
  • 日帰り手術の流れについて
  • 日帰り手術のよくある質問
  • アクセス情報
  • 診療カレンダー
  • 手掌多汗症 日帰り手術専門サイト
  • 下肢静脈瘤 日帰り手術専門サイト
  • 院長ブログ