2017.04.18更新

PPH法とは

痔の新しい手術方法であるPPH法とは、1993年にイタリアで開発された方法です。
イタリアのLongo博士という方が開発し、現在の欧米ではメジャーな治療方法になっています。
従来の痔の手術は手技で痔核を切除する方法が一般的でしたが、PPH法は特殊な専用器具を使用して手術を行います。
一般的な手術の場合は、肛門の中と周囲の皮膚の両方に傷ができますが、専用器具を使用するPPH法の場合は、皮膚が傷つくことがありません。
皮膚は傷つくと痛いですが、肛門の中の直腸粘膜には痛覚神経がないため、PPH法で手術を行うと痛みが非常に少なく済むことが特徴です。

 

PPH法の仕組み                                

PPH法の手術には、胃・腸をつなぐ自動吻合器と同じものを使用します。
肛門の内痔核のすぐ上の直腸粘膜の部分を筒状に切除します。そして脱出した(たるんで外にでた)痔核を肛門の中に引き上げます。
また、痔核の原因となる血管の切除も行います。これをすることで痔核や脱肛が縮小して改善されていきます。

  

PPH法

 

PPH法の特徴                                 

PPH法には以下の特徴があげられます。

・術後の痛みや排便時の痛みが少ない
・肛門周囲に傷ができず見た目がきれい
・従来の方法では時間がかかった全周性の大きな脱肛でも短時間で治療できる
・術後の肛門に腫れが起きにくく、きれいな肛門になります
・健康保険適応です


このようにこれまでの手術方法にはないメリットがあります。
詳しくは当院にご相談ください。

 

PPH法の後遺症は?                              

PPH法では必要最低限の切除しかしないため、後遺症の心配はほぼありません。
何十年も昔の痔の手術では、必要以上の切除により後遺症が残ってしまうケースがあったとしばしば耳にしたことがあります。
主な後遺症は「便漏れ」といい、肛門の閉まりが悪くなってしまい、便が漏れてしまうものです。しかしながら現在においては「便漏れ」の後遺症が残ることはほぼありません。
安心してご相談ください。

 

投稿者: おだクリニック日帰り手術外科

2017.04.03更新

鼠径ヘルニアは大人だけの病気ではありません。
生まれて間もない赤ちゃんでも鼠径ヘルニアが見られることがあります。
これは本来閉じているはずの腹膜の袋が鼠径部で開いたまま生まれてきてしまい、
そこに小腸などの組織が入り込んでしまうことが要因の一つと考えられています。
では、子供の鼠径ヘルニアはどのように治療を行うのでしょうか?
今回は子供鼠径ヘルニアの手術方法についてご紹介したいと思います。

 

子供の鼠径ヘルニアの手術方法は高位結紮(こういけっさつ)法

まず子供の鼠径ヘルニアは手術を行いますが、
当院での日帰り手術は2歳以上になってからをおすすめしています。

当院では2歳以上の子供鼠径ヘルニアには、高位結紮(こういけっさつ)手術を行っています。
これは筋膜が緩んでできたヘルニア嚢(ヘルニアの袋)を、糸で縛る手術です。
この糸は体内で溶ける素材でできているため、体内に残ることはありません。
また、成人の鼠径ヘルニア手術ではメッシュを使用して筋膜を補強する手術になりますが、
子供の手術の場合にはメッシュを使わず体内に異物は残さないようにします。

ヘルニアの袋に水が溜まっていたり、
袋が大きくなってしまっている場合は、袋も摘出します。

 

手術時には全身麻酔を行います

乳幼児や小学生以上の子供の場合には、マスクによる全身麻酔になります。
マスクでの麻酔は、用いる薬は甘い香りのする気体ですので、
お子様に不快な思いはさせないよう留意されています。
また、手術後にはすぐに麻酔をさますことができます。

全身麻酔に不安をお感じになる親御さんもいらっしゃいますが、
麻酔専門医が麻酔を担当し、手術は院長が執刀しますのでご安心ください。
手術時間は15分程度です。

 

手術後に入院は必要?

子供の鼠径ヘルニア手術も日帰り入院で行うことができます。
術後は2〜3時間程度、クリニック内で休息していただいた後、
帰宅していただくことができます。
手術後も安心してご自宅でお過ごしください。
後日の抜糸や消毒は必要ありません。
小さな傷跡も子供の成長とともにほとんど消えてしまいます。

 

親御さんへ

鼠径ヘルニアは自然治癒する病気ではありません。
オムツを変えているときなどに、足の付け根の膨らみが気になった場合は、
一度検査にお越しください。
放置しておくと、膨らみが大きくなっていき、
患部が血行障害を起こすと強い痛みが生じたり、
大変な手術が必要になってしまう場合がありますので、早期に対処してください。
決して珍しい病気ではありませんので、安心してお問い合わせください。

投稿者: おだクリニック日帰り手術外科

  • まずはご相談を
  • 日帰り手術とはどんなもの?
  • 日帰り手術の流れについて
  • 日帰り手術のよくある質問
  • アクセス情報
  • 診療カレンダー
  • 手掌多汗症 日帰り手術専門サイト
  • 下肢静脈瘤 日帰り手術専門サイト
  • 院長ブログ