2017.02.28更新

下肢静脈瘤の治療にはいくつかの方法がありますが、当院では「レーザー手術」と高周波(ラジオ波)手術を推奨しています。
他の治療方法に比べてこの2つの治療法は、”痛みが少ない””傷があまり残らない””保険適応”という患者様にとってメリットが多い治療方法です。
では、この2つの治療はどのようなものなのかを詳しくみていきたいと思います。

 

レーザー手術の機器はELVeSレーザーと言います

レーザーを使用して行う手術を下肢静脈瘤血管内レーザー焼灼術と言います。
これは、機能しなくなった静脈弁がある静脈内にレーザー光を照射して、収縮及び閉塞させることで、静脈の逆流を止める方法です。
ELVeSレーザーは患者様に対する低侵襲治療(できるだけ患者様の体を傷つけない)ということを重視し開発されたレーザーです。

 レーザー手術

 

■レーザー照射による焼灼のメカニズム
1、レーザー光が直接的に静脈壁の水分に吸収されて熱化

2、レーザーエネルギーを360度2ヶ所から血管壁に照射、静脈壁を均一に焼灼

3、50℃で静脈壁のコラーゲン繊維収縮が始まり70℃〜100℃で壊死

4、静脈壁の収縮と肥厚により血管内腔が縮小し、静脈逆流を止める

このレーザーを使用するにあたって日本静脈学会、日本脈管学会、日本血管外科学会、日本インターベンショナルラジオロジー学会、日本皮膚科学会および日本形成外科学会にて構成される血管内焼灼術実施・管理委員会にて策定された「下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準」による実施施設及び実施医認定の取得をクリアしている必要があり、当院はその基準を満たした施設になっています。

 

高周波(ラジオ波)は医療分野で広く使われている電磁波の一種です

ラジオ波は300kHzから6MHzの高周波を使用して、100℃前後の熱を発生させることで各種治療に使用されている電磁波です。
下肢静脈瘤の手術で使用する機器は460kHzの高周波を発生させ、レーザー手術と同じように静脈壁を焼灼する方法になります。
このシステムを使用することで、「周囲組織が傷つかない」「静脈壁を均一に焼灼できる」「時間的に早く処置できる」という特徴があります。

ラジオ波



これらのレーザー手術と高周波(ラジオ波)手術は、手術方法はほぼ同じ仕組みです。
まずは医師の診察を受けて治療方法を相談するようにしましょう。
当院でもご質問をお受けしていますのでお気軽にお問い合わせください。

投稿者: おだクリニック日帰り手術外科

2017.02.28更新

今回は下肢静脈瘤を放置した場合にどのように悪化していくのかを説明したいと思います。
下肢静脈瘤とは血液が足先から心臓に戻る際に逆流しないように逆流防止弁が血管に付いていますが、それが機能しなくなることで血液が逆流し下肢に溜まってしまう病気です。

 

下肢に溜まってしまう血液は「静脈」です。

血液には動脈血と静脈血と二種類あります。下肢静脈瘤で足に停滞する血液は静脈です。
静脈は全身に酸素を供給した後の、二酸化炭素を多く含んだ血液です。
動脈血に比べると黒ずんだ赤色をしています。

 

コブができるようになります。

逆流防止弁が壊れると血液がどんどん溜まっていき、血管への圧力が増加していきます。そうなると血管が膨らみはじめ、これがコブとして見られるようになります。
この状態で放置すると血液の停滞が進みコブが大きくなっていきます。

 

その後、色素沈着が見られるようになります。

血管はどこまでも膨らむわけではなく、ある程度膨らむと血管の小さな穴から血液が漏れ出します。
それが皮下脂肪に沈着し、鉄分の成分があるためサビのような色がつきます。
これが色素沈着です。
また、溜まっている血液は酸素が少ない静脈血のため、下肢が酸欠状態になり、疲れやだるさをより感じるようになります。

 

酸欠が進むと足が黒く硬くなります。

より酸欠が進んでいくと血液の鉄分が固まり皮膚脂肪硬化症という病気になる可能性があります。
皮膚が黒く硬くなり、徐々に範囲も広がっていきます。
触っただけでも痛みを生ずるようになり、歩くこともままならず寝たきりになってしまったり、これが原因で感染症を引き起こすような場合には、さらに重篤化することもあります。

 

早期に検査を行いましょう。

足の血管のボコボコが気になったら放置せずに早めに検査を受けることをオススメします。
血管がボコボコしている状態の症状であれば、レーザー治療で短時間できれいに治療することができるからです。

 

立ち仕事が多い方や妊娠の影響などでどなたにも発症する可能性のある下肢静脈瘤ですので、安心してお気軽にご相談ください。

 

 

投稿者: おだクリニック日帰り手術外科

2017.02.06更新

今回は子供の手汗・多汗症について書いてみたいと思います。
多汗症は、交感神経が過剰に作用して、手、わき、足裏から多量に発汗する病気です.親子や兄弟で体質が似るように、家族で同じ症状が約3割に見られます。
多汗症の症状は3歳ごろから始まります。大人だけの病気ではありません。
テストのときなど、精神的な緊張が高まるとさらに交感神経が過剰に作用し、手から汗が流れ落ちるようになります。

 

日常においてのチェックポイント

子供に以下のようなことがあった場合は手掌多汗症を疑われても良いかと思います。

・お絵かきなどをしているときに紙が濡れる、シワシワになる   
汗によって紙が濡れて文字がにじんだり、紙が破けてしまう場合は汗の量が非常に多いと考えられます。

・手の皮がむける   
手の汗によって手のひらの皮が頻繁にむけます。特に季節の変わり目に多くみられるようです。

・手のひらに湿疹ができる   
汗が原因で、汗疱、いわゆる「あせも」ができやすくなります。

・手袋の使用を嫌がる   
汗によって手袋の中が濡れてしまい気持ち悪いため手袋などの着用を嫌がります。

・ピアノの鍵盤が濡れる、テレビゲームのコントローラーが濡れる、など。

 


学童時期や中学生の手汗・多汗症は、テストの答案用紙が濡れてしまったり、友達とトランプをするとカードが汚れてしまったり、フォークダンスで手を繋ぐのを嫌がられたりと、様々な面で悪影響が出てきます。
そうしたことが原因で、学校でからかわれたりすることで精神的な苦痛を感じてしまい、学校に行きにくくなったり、人と接するのが怖くなってしまうなどの影響が出ることも考えられますので、早い時期に専門機関を受診することをお勧めします。

汗を緩和する方法として、制汗剤の使用がよく紹介されています。
制汗剤で少し手が荒れたりすることもありますが、まずは制汗剤で様子を見ることが良いかと思います。

当院では、手掌多汗症の手術は原則として中学生以上を対象にしています。
しかし、手汗が原因でいじめを受けたり、劣等感が強いなど、どうしても早期に治療を希望される場合は小学生でも手術を行うことがあります。当院ではこれまでに約50人の小学生(最年少は8歳)多汗症手術の実績があります。

投稿者: おだクリニック日帰り手術外科

  • まずはご相談を
  • 日帰り手術とはどんなもの?
  • 日帰り手術の流れについて
  • 日帰り手術のよくある質問
  • アクセス情報
  • 診療カレンダー
  • 手掌多汗症 日帰り手術専門サイト
  • 下肢静脈瘤 日帰り手術専門サイト
  • 院長ブログ