2017.10.29更新

今回は鼠径ヘルニアの治療後の再発についての情報です。
鼠径ヘルニアは再発する可能性がありますが、手術方法によって体への負担や再発率に違いが出てきます。どのような違いがあるのでしょうか?

 

鼠径ヘルニアは再発する可能性がある?

鼠径ヘルニアは、再発する可能性のある病気です。
再発の可能性については、破れた筋膜を縫い合わせる従来の手術方法だと、弱くなった筋膜が裂けるなどの理由で10%程度の確率で再発が起こるといわれています。
今現在、多くの病院で行われているメッシュで筋膜の穴を覆うメッシュ法の場合は、再発率は1%以下といわれています。さらに、当院で行なっているクーゲル法という筋膜の穴の下にメッシュを敷く方法の場合は、従来のメッシュ法よりも再発率を低減させることができています。
低いとは言えゼロではない再発率、再発した時の症状について紹介します。

 

再発した時の症状

再発した時の症状ですが、治療した部分と同じところに、手術前と同じようなふくらみができるというのが初期症状としてあります。さらに、ふくらみはなく、痛みだけという症状も、再発の可能性を持っている可能性があるので注意が必要です。
このように、「一度治療したから安心」とは言えないのが、鼠径ヘルニアと付き合っていく上での注意点だと言えます。

 

再発を予防する方法は?

鼠径ヘルニアの再発には、生活習慣も関係しています。
いわゆる「後天的要素による再発」というわけですが、少し工夫をするだけで、再発のリスクを防ぐことができると考えられます。
鼠径ヘルニアと関連があるのが腹圧の上昇です。お腹に余計な力がかかってしまう状態なのですが、重たいものを持ったり、立ちっぱなしの状態が長く続くと腹圧が上昇します。
さらに、筋肉が弱っていたから鼠径ヘルニアになったと考えて、筋力トレーニングを盛んに行う人もいるようですが、これも腹圧の上昇を招いてしまいます。
喫煙や肥満も鼠径ヘルニアの発症、再発と関連がありますので、心当たりのある方は生活習慣を見直されると宜しいかと思います。

 

このように鼠径ヘルニアの再発はゼロにすることはできません。
しかしながら、適切な手術方法を選択したり、生活習慣を見直す努力をすることで限りなくゼロに近づけることが可能とも言えます。
お聞きになりたいことがありましたら当医院にお気軽にお問い合わせください。

投稿者: おだクリニック日帰り手術外科

  • まずはご相談を
  • 日帰り手術とはどんなもの?
  • 日帰り手術の流れについて
  • 日帰り手術のよくある質問
  • アクセス情報
  • 診療カレンダー
  • 手掌多汗症 日帰り手術専門サイト
  • 下肢静脈瘤 日帰り手術専門サイト
  • 院長ブログ